駄菓子バーについて

駄菓子バー
駄菓子といえば昔懐かしい存在であり、子供時代に慣れ親しんだ経験がある方も多いでしょう。
今となっては駄菓子屋も姿を消しつつあるものの、現在ではコンビニエンスストアやスーパーマーケットで手に入れられるものも少ないですがあります。

そのため、今でも子供たちにとって身近な存在であると同時に、大人にとっても気軽に駄菓子は楽しめるものになったといえるでしょう。
一口に駄菓子といっても、非常に豊富な種類があります。コンビニで買える駄菓子は定番のものが多く、昔の駄菓子屋であった沢山の駄菓子のほとんどはは置いてないことが多いのをご存知でしょうか?
では駄菓子の歴史と共に駄菓子の種類について説明させていただきます。

駄菓子の定義とは?

そもそもの駄菓子の定義としては、子供をターゲットにしているためお小遣いの範囲内で無理なく買える安価なものであることが挙げられます。江戸時代の頃には既に一文菓子と呼ばれ、庶民でも手軽に食べられるお菓子として親しまれていました。かつては白砂糖などはまだ手に入りにくく、こういった素材を使ったお菓子は高級品であり、それに対する安い菓子という位置づけとしてこの呼称が使われています。つまり一般的にイメージされるお菓子との違いは、数十円程度で買うことができる質素なものだといえるでしょう。

駄菓子の種類

定番商品か否か?

さらにそこから種類によってカテゴリー分けをする場合、様々な方法があります。例えば、定番であるかどうかで分類することが可能です。時代によってはもちろんのこと、地域によっても差が現れることは珍しくありません。つまり人によってどんなものを食べていたかは異なりますが、そんな中にあっても誰もがノスタルジックな気分になれるお菓子も存在し、そこをポイントにして分類できるのです。

材料による分類

最も一般的な分け方は、何を材料にしているかを基準にした方法でしょう。ポピュラーな飴をはじめとして、ガムやグミ、スナックなど色々な種類があります。ラムネといったドリンク系や、梅などの素材を活かしたもの、ヨーグルトやプリンを再現したものなども外せません。また、お菓子と言うと甘いものをイメージしがちですが、駄菓子の中には酸っぱいものも少なくないため、味で分類することもできます。

時代による分類

それ以外にも、時代によってカテゴライズすることもできるでしょう。昔から変わらない存在だと感じる方は多いですが、時代が変わるにつれてその種類も少しずつ変化しています。伝統的なものには水あめやかりんとうなど素朴さがありますが、大量生産と流通の発達により、昔は高級だったチョコレートの駄菓子なども多数現れるようになっています。またおつまみ感覚の魚肉を原材料とした加工品
駄菓子とお酒
あまいか太郎
蒲焼さん太郎
カットよっちゃんいか
串かつ
おやつカルパス などなど

注目すべきポイントはお菓子の部分だけではありません。子供を楽しませることができるよう凝らされた様々な工夫について分類することも可能です。
例えばおまけであれば、当たりくじがあるものだけでなく、おもちゃやカードがついているものまであります。また、笛になるなど駄菓子そのもので遊べるタイプのものを憶えている方も少なくないでしょう。
名前やパッケージに描かれたキャラクターなども、ごく普通のものもあれば子供の好奇心を刺激する面白いものまで、多種多様なカテゴリーが存在します。

フォーム

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


COMMENT ON FACEBOOK